保有個人データに関する公表事項等について

株式会社グッドベルは、個人情報保護法の趣旨を尊重し、「保有個人データに関する公表事項」を掲載し公表いたします。

  1. 1.保有個人データの利用目的
    本会が保有するデータベース化された個人情報(「保有個人データ」という。)の利用目的は以下のとおりです。

    1. (1)お客様
      1. ①取引先名簿(元請会社他)
        • ご依頼を受けた業務(原状回復やリフォームなど)の遂行や、当社サービスのご案内等のため
        • 業務後の補修等のアフターサービスの顧客管理のため
        • お客様とのご契約や法令等による権利・義務の履行のため
        • その他、お客様とのお取引を円滑・適切に遂行するため
    2. (2)従業員
      1. ①労働者名簿
        • 労働者情報管理のため
      2. ②賃金台帳
        • 賃金管理のため
      3. ③その他従業員に関する保有個人データ
        • 労務管理全般のため
  2. 2.個人情報取得時における利用目的について
    当社が、書面やウェブシステム等を通じてご本人から個人情報を直接ご提供いただく形で個人情報を取得する場合、当該個人情報の利用目的を当該書面やウェブシステム上で明示させていただきます。ただし、ご提供時の状況から利用目的が明らかな場合は、個人情報保護法の規定に基づき、利用目的の明示を省略させていただくことがあります。
    なお、上記方法により別途利用目的を明示させていただいた場合においては、上記の「保有個人データの利用目的」に加えて、その個別の利用目的の内容もあわせてご確認ください。
  3. 3.保有個人データの管理
    本会は、保有個人データについて、個人情報の漏えい、滅失又は毀損等の予防及び是正その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

    1. (1)基本方針の策定
      個人データの適正な取扱いの確保のため、「個人情報保護方針」を策定します。
    2. (2)個人データの取扱いに係る規律の整備
      個人情報の管理に関する内部規程・マニュアルを定め、取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、取扱責任者、取扱担当者及びその任務等について整備します。
    3. (3)組織的安全管理措置
      1. ①個人データの取扱いに関する責任者として、個人情報保護管理者(代表取締役)を設置するとともに、個人データの安全の確保に係る事態又は徴候を把握した場合の個人情報保護管理者への報告連絡体制を整備します。
      2. ②誓約書に秘密保持に関する事項を明記するほか、個人情報の管理に関する内部研修を行い、これらを当社従業員に遵守させるとともに、定期的な自己点検及び内部監査を実施します。
      3. ③個人データを第三者に委託して利用する場合は、当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、また、委託先への適切な監督を行います。
    4. (4)人的安全管理措置
      個人データの取扱いに関する留意事項について、継続的かつ定期的な研修を実施することにより、個人の権利保護の重要性を理解させ、かつ、個人情報保護の確実な実施を図るよう努めます。
    5. (5)物理的安全管理措置
      1. ①個人データの盗難等の防止のため、個人データの保管場所の施錠などの諸対策を行います。
      2. ②個人データの持出しに当たっては、パスワードを付した機器及び電子媒体等を利用する、個人データが記載された書類等は施錠付きキャビネットで保管するなどの対策を行います。
    6. (6)技術的安全管理措置
      1. ①個人データへのアクセス管理(アクセス可能な担当者の制御等)を実施します。
      2. ②個人データを取り扱う情報システムに対する外部からの不正アクセスを防止するための措置を講じます。
  4. 4.保有個人データ等の開示等の手続、本会における個人情報の取扱いに関するお問い合わせ、苦情のお申出

【お問い合わせ先】
株式会社グッドベル 個人情報担当:鈴木良太
メール:info@goodbell.co.jp
電話番号:0422-27-7913

TOP